愛媛県民文化大学

講座予定「今年度・過去の講座」
料金・お申し込み
ブログ「愛媛県民文化大学のブログ」
お問い合わせ

 

 

 

今期は全日程中止になりました

2020年 第1期 講座予定(講師陣紹介)
5月5日(火・祝)→9月28日(月)
ラトナ サリ デヴィ スカルノ 氏

ラトナ サリ
デヴィ スカルノ 氏

インドネシア元大統領夫人。政変後パリに亡命し、社交界で「東洋の真珠」とうたわれる。その後ニューヨークに移住、国連環境計画UNEPの特別顧問として貢献。同時にイブラ音楽財団会長となる。現在は活動拠点を日本に置き、「デヴィ夫人」の愛称で親しまれている。国際的な基盤を活かして、NPOアースエイド・ソサエティを発足。地球規模で慈善活動を行なう。
6月5日(金)→11月30日(月)
五木 寛之 氏

五木 寛之 氏

いつき ひろゆき
作家。1932年福岡県生まれ。戦後、北朝鮮より引揚げ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年、『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、『青春の門』で吉川英治文学賞。2002年度第50回菊地寛賞、10年、NHK放送文化賞、第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞。代表作に『風に吹かれて』『朱鷺の墓』等。
7月4日(土)
姜 尚中 氏

姜 尚中 氏

カン サンジュン
東京大学名誉教授、熊本県立劇場館長。早稲田大学大学院・政治学研究科博士課程を修了。国際基督教大学准教授、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授、聖学院大学学長などを経て現職。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍。著書に『マックス・ウェーバーと近代』『悩む力』『母—オモニ—』『心』『心の力』ほか多数。
8月8日(土)
舞の海秀平 氏

舞の海秀平 氏

まいのうみ しゅうへい
NHK大相撲専属解説者、スポーツキャスター。日本大学相撲部で活躍。高校教師に内定していたが、夢をかなえるため周囲の反対を押し切り、大相撲入りを決意。基準の身長に足りず、頭にシリコンを入れて二度目の新弟子検査で合格。小兵ながらも多彩な技で大型力士を倒す姿がファンを魅了した。著書に『大相撲で解く「和」と「武」の国・日本』等。
9月5日(土)
養老 孟司 氏

養老 孟司 氏

ようろう たけし
東京大学名誉教授、解剖学者。東京大学医学部教授、同大学総合研究資料館長および出版会理事長、北里大学大学院教授などを務め現職。1989年『からだの見方』でサントリー学芸賞を、2003年にはベストセラー『バカの壁』で毎日出版文化賞、新語・流行語大賞を受賞。現在、京都国際マンガミュージアム名誉館長、ムシテックワールド館長なども務める。
10月3日(土)
姫野 友美 氏

姫野 友美 氏

ひめの ともみ
心療内科医、医学博士。テレビ東京系『主治医が見つかる診療所』ほか、新聞・雑誌等でもストレスによる病気・症候群やオーソモレキュラー栄養医学に基づく「栄養療法」などに関するコメンテーターとして活躍。『女の取扱説明書』『心療内科医が教える 疲れとストレスからの回復ごはん』など著書多数。ひめのともみクリニック院長、日本薬科大学教授。
11月6日(金)
東儀 秀樹 氏

東儀 秀樹 氏

とうぎ ひでき
雅楽器の持ち味を生かした独自の表現に情熱を傾ける雅楽師。東儀家は奈良時代から今日まで1300年間雅楽を世襲してきた楽家で、宮内庁楽部在籍中は、篳篥(ひちりき)を主に、琵琶、太鼓類、歌、舞、チェロを担当。宮中儀式や皇居での雅楽演奏会をはじめ、海外公演にも参加し、他分野のアーティストとも積極的に交流を深めている。
12月6日(日)
石破 茂 氏

石破 茂 氏

いしば しげる
衆議院議員。慶應義塾大学法学部2年在学中に、全日本学生法律討論会で第一位。三井銀行(現・三井住友銀行)入行、日本橋の問屋街を自転車で廻り、中小企業の経営を肌で学ぶ。昭和61年、当時最年少で衆議院議員に初当選。以来11期連続当選し、防衛庁長官、防衛大臣、農林水産大臣、自由民主党政務調査会長、同党幹事長、地方創生担当大臣などを歴任。


愛媛県民文化大学
〒790-0011 愛媛県松山市千舟町5-7-6 ニッシン千舟町ビル7階(読売旅行 松山営業所内) TEL:089-968-2557 FAX:089-968-2207
Copyright© 愛媛県民文化大学 CO.,LTD. All Rights Reserved.