東京旅行③

東京旅行の最終日です。帝国ホテルでの朝食は、和洋それぞれのお好みでとって頂きました。まず、最初の観光地は、スカイツリーへ。
開業から7年になり、静に観光が出来ました。高さ634メートル。空に向かって伸びる大きな木をイメージに建設されています。展望フロア―からの眺めは東京をぐるっと見渡すことができ、この日は素晴らしい眺め。ご年配の女性の方が、「こんな高いビルや建設物を人間が創るなんてすごい世の中ね」と、外を眺めながらおっしゃった言葉が印象的でした。日本の首都・東京という街をここから実感することができます。

そして、浅草へ。歌舞伎では、お伊勢参りをして願い事を叶えるという物語でした。私たち一行は、浅草寺で願い事を祈念しました。叶うといいな~。


その後、隅田川クルーズへ。浅草乗船、浜離宮までの40分の船旅。風に吹かれながら、川側からの観光ガイドは、知らなかった東京という一面を知る事ができました。これは、とてもおススメの観光です。


昼食は神楽坂にある老舗鰻屋「志満金」。国産ウナギが高価な今、とても美味しい鰻を食しました。
たっぷりと優雅な旅。令和元年の夏旅は、キラキラと心に深く刻まれて終了です。ご参加頂いた方ありがとうございました。いついつまでも、印象深い旅だったと思い出して頂ければ幸いです。また良き旅が皆さまと出来ますことを願っています。

東京旅行

道端では、蝉の抜け殻を見る季節になりました。風が朝夕涼しくなってきました。あんなに暑かった夏から秋の気配を感じるようになりました。東京旅行の続きです。歌舞伎を観劇後、興奮冷めやらぬまま、今回のお宿は帝国ホテルへ。日本御三家ホテルの一つでもあり、日本を代表するホテルです。


フロントロビーには、毛糸の花が装飾されていました。庶民的な花がこんなにも素敵になるなんて!と皆さん写真を撮られました。
夕食は、帝国ホテル内でのフランス料理『ラ ブラスリー』。洋服を着替えてお席に着く方もいらっしゃったり、仲間内で楽しく会食されていました。フルコースで、どうぞご覧ください。






お料理は美味しく、おもてなしも素晴らしく、二時間かけての夕食で日が暮れていきました。至福のひと時でした。

八月納涼歌舞伎

こんにちは。お盆が過ぎて、風や空は秋の気配でしょうか。暑さはまだまだ健在ですね。8月20日から一泊二日で受講生の方々30名で東京へおでかけをしてきました。そのご報告です。

新しくなり、早6年の月日が流れます。平成25年4月から第五期歌舞伎座が誕生しました。東銀座に変わらず鎮座しています。
この日も暑かったです。雨予報は、皆さんの日ごろの行いが良いせいか、うまく降られずにすみました。

第二部『東海道中膝栗毛』を観劇。市川猿之助と松本幸四郎演じる、弥次さん喜多さんコンピ。今年で四作目になります。
プラス準主役を演じていたのは、市川團子と市川染五郎。人気の演目は、チケットは早々とソールドアウト。水芸あり、扮した動物が出演、最後は、花火があがり、宙乗りで消えていくという派手な演出に圧巻の歌舞伎でした。誰もが、感激・感動したはずです。いつまでも心に残る納涼歌舞伎となりました。

歌舞伎の本家本元の会場は、なんとも言えない空気が漂っていると感じます。この地にまた足を踏み入れる事が出来たことにも感謝でした。この後は、帝国ホテルへ。続きます。

八月南座超歌舞伎

残暑お見舞い申し上げます。お盆に珍しく大型台風がやってきました。暦の上では立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ暑さ厳しい毎日ですね。お変わりありませんか? 今、京都南座ではとてもユニークな歌舞伎を上演中です。松竹座の方から情報を得て、行ってきました。


初音ミク×中村獅童【八月南座超歌舞伎】バーチャル歌舞伎です。NTTドコモ協賛。今時の歌舞伎は、とてもとても想像以上に艶やかで素晴らしい演出でした。獅童宙乗り、会場に舞う桜吹雪、アクロバットにダンスと、従来の歌舞伎から逸脱した新しい歌舞伎を観ることができました。wonderful!!

高松カメラクラブ写真展

良いお天気が続いています。梅雨入りはまだ先のようですね。先週末に、お客様からご案内頂いて、写真展へ行ってきました。とても素敵な場所だったので、ご報告です。


高松市円座町にある長い煙突が目印の『クローバーカフェ』にて。高松カメラクラブ第35回写真展『光の世界』。13人の方が、様々な光の世界を写真に収め展示しています。夕日、虹、人景、初日の出、満月、秩父ガ浜、雨、晩秋の高原などなど、自然なショットが素晴らしい。

そして、展示しているスペース、クローバーカフェさんも素敵なカフェスペース。もう35回目ということです。近年は、毎年、この時期に、ここで展示をしているそうです。皆さん、良い趣味をお持ちでより豊かな人生だと感じました。

クローバーカフェ高松市円座町979-1 ☎087-814-6711 6/14(金)15:00まで開催

大阪日帰り旅行

鶯の美しい声が聴こえてくる季節になりました。4月15日月曜日、受講生26名の方々と、大阪へ春の一日旅に出かけてきました。
最初の到着地は、造幣局の桜の通り抜け。ここは、ボタン桜の名所で、ちょうど、この日は最終日。平日でいつもに比べれば、人は少ないとか。それでも都会のお花見は花より人が賑やかでした。そんな写真も添付します。

お昼を少し過ぎて、皆さん、お腹がペコペコ。楽しみのランチは、『太閤園』。旬のタケノコご飯を食しました。建てられて105年になる大正浪漫溢れる館でお食事。
正面玄関で皆さんで記念撮影。こうして見ると、上品な雰囲気の方々ばかりです。

食後は太閤園にあります、庭園をガイドさん付きで散策。明治43年頃、関西財界の一人であった、藤田傳三郎男爵が淀川の畔に築造した網島御殿から太閤園の歴史が始まります。結婚式場なども完備され、この日は新郎新婦の前写しをされていました。とても可愛いらしい花嫁さん、絵になりますね。

そして、おまちかね、オランダの画家フェルメール展へ。大阪市美術館で開催されています。約35点ばかりしか、残していない不遇な画家。そのうち9点が来日。フェルメールのブルー、光をうまく取り入れた絵を観覧しました。有名な「真珠の耳飾りの女」「牛乳を注ぐ女」絵画は来ていませんでした。いつかは、オランダで拝見できますことを!

夕方18時過ぎていました、明石大橋では、丁度、夕陽が沈む一刻を見ることができました。

よく歩きました。花を愛で、古い絵画を愛で、美味しい食事を頂き、大阪旅行は終了です。ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました。

児島野﨑家のお雛祭り

皆さん、こんにちは。暦は三月になりました。もうすぐ、春うららな気候の到来です。三月三日お雛祭りには、女性三名で、岡山県児島市にある、豪商野﨑家のお雛祭りへ出かけてきました♫

倉敷地区では、毎年、盛大なお雛様の展示を開催しています。今回の児島は、初めてです。ジーンズの街として有名です。

野﨑家は、製造塩業と新田開発で財を成しました。天保から次々に財を成した民家です。国の重要文化財に指定されています。維持管理費も莫大なものになっているそうです。

敷地面積は約3000坪。家屋はもとより、立派な茶室も数点、庭、など、お見事。ボランティアのガイドさんにより、説明を受けました。お雛様は、江戸時代中期のものから、明治天皇をお内裏様にしたものなど、珍しい物も沢山ありました。そして、何より驚いたのは、栄枯盛衰ではなく、現在も野﨑家は繁栄し、塩業や不動産部門で、栄えているということでした。



三月三日にちなんで、お琴の演奏や、お抹茶を飲んだりできました。香川県から一番近い、岡山県です。機会があればどうぞ訪ねてみてください。楽しい体験ができることと思います。

京都迎賓館へ

京都旅行の続きです。南禅寺の後に、京都御所へ向かいました。紅葉時期の京都は人の渋滞ですが、雨で、本当に人が少なく良かったです。京都迎賓館は、1994年(平成6年)10月に「国立京都迎賓館」として、その建設が閣議決定され、2005年(平成17年)4月17日に開館した。内閣府のサイトの公式説明によると、京都迎賓館というのは、日本の歴史や文化を象徴する都市である京都において、海外からの賓客を心をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めていただくことを目的に建設されました。
迎賓館までの道すがら色づいた木々が鮮やかでした。落ちた紅葉の葉も色々な形があり、拾って押し葉にしています。
セキュリティ検査、職員からの説明、カバン預けなどを経て、玄関へ。福井県産のケヤキの木の一枚板から作られた玄関扉。
中へ入り金屏風がお出迎えでした。
日本中からの名産で作成されている建築物は素晴らしいの一言。全体が美術館のようでした。





玄関前で、記念撮影をして、大人の遠足は終了です。よく歩きました。雨は残念でしたが、気温は最適。何事も表裏一体です。この日だけでも、多くの歴史に触れ、多くの事を学びました。遊ぶことと学ぶことを合体させれば、相乗効果でよく覚えます。知的好奇心がよりよく刺激されました。

ご参加してくださった方々、ありがとうございました。

京都日帰り旅行

12月に入ってもまだ、小春日和が続いています。皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか?
12月3日に、受講生の皆さまと、京都日帰り旅行へ出かけてきました。あいにくの雨でしたが、雨に濡れる京都の風景も風情がありました。京都到着してすぐに、南禅寺にあります、「菊水」さんで京懐石料理に舌鼓。





今年の6月に、食と時を味わう別邸としてリニューアルした菊水さんは、本当に立派な設えです。宿泊施設も完備されています。芸子さんや舞妓さんが舞う舞台も設置されていました。なかなか、お一人では敷居が高い料理店に、皆さん大喜びでした。この道中、舞妓さんに遭遇しました。やはり、料理旅館や料亭が多い南禅寺です。
そして、歩いて、無鄰菴へ向かいました。





ガイドさんによる説明付きでした。これぞ!文化大学の旅行です。無鄰菴は、明治時代の新政府で活躍した、山縣有朋の別荘だった地。東山の山並みを借景に取り込み疎水から引き込んだ水は三段の滝を下って大小の池を経て緩やかな流れを作庭。この庭には、ふんだんに水が使われています。この敷地内にある洋館の二階は和洋折衷。1903年、ここに山縣有朋や伊藤博文ら四人が集まり、日露開戦を巡る無鄰菴会議が行われました。

平日ということと雨だったこともあり、いつもの京都よりは、人が混雑してなかったように思います。本当に、紅葉が見事でした。この後、京都迎賓館へと続きます。

地球温暖化を考える

皆さん、こんにちは。もう、10月も末日になりました。街では、オレンジ色のハローウィーンの飾りつけが目立ちます。ブログの記事が前後しますが、10月の三連休の体育の日に、アイパル香川で、国際フェスタが開催。朝からドキュメンタリー番組の上映会がありました。『地球が壊れる前に』。二年間をかけ、俳優のレオナルド・ディカプリオが、世界を廻り、地球温暖化を訴える内容になっていました。国連平和大使も務められているようです。


毎年、酷暑が続き、冬は厳冬。季節外れの台風が来て、海外では、ハリケーンや山火事が発生。全て、地球温暖化からきている自然災害です。CO2の削減や電力の見直しなど、私たち、一人一人が危機感を持って、取り組んでいかなければならない問題を、今の課題として、とらえています。パリ協定や、政治家からの癒着問題まで、取り上げられていました。


太西洋に浮かぶ島では、海水の上昇によって、住めなくなった島もあり、島民が他の国に移住。北極の雪が解ける現象を食い止めなければならない。森林の伐採や、大量の牛の飼育で出る有毒なメタン、工場や車からの排気ガス、便利になった社会からは、毒素が生み出される結果になった昨今です。温暖化が続けば、この地球上で生きづらい現象がどんどん起こります。
私たちに出来ることを一歩づつでもしなければなりません。電気を最小限に抑える日という取り組みも大事だと痛感しました。様々な事を考えるきっかけをくれた映画でした。
そして、このフェスティバルでは、世界各国の露店や国の紹介などもあり、グローバルな視点を持てるお祭りとなっていました。毎年、10月に開催されるようです。