大相撲5月場所へ

5月24日(水)晴。清々しい季節です。受講生の方々と両国国技館へ相撲観戦に行ってきました。11日目の取り組み。
DSCN4772
両国国技館は、約1万1千人が収容可能。九割を埋まると「満員御礼」が下ります。近年の相撲人気に伴い、人で溢れていました。行きの機内で、稀勢の里が休場のニュースが流れ、残念。あ~見たかった。他の強豪力士に想いを馳せますか・・・
白鵬土俵入り
白鵬の土俵入りの様子です。さすが、横綱!威風堂々でした。香川出身の力士・琴勇輝はこの日は黒星。
昔ながらの、升席は四人で座ります。場内の熱気で、今日会った人とも仲良くなれます。皆で、ワイワイ、ガヤガヤ、身を乗り出して歓声して、落胆したり、拍手を送ったり・・・皆が一体となり感動、感激!!
DSCN4774
DSCN4778DSCN4776DSCN4777DSCN4742DSCN4756DSCN4763
優勝杯が飾られていましたが、重そうです。最後の弓取り式もゆっくりと見れました。NHKの放映が終わる時に流れる、太鼓の音は、実際にこの一番上部で本当に叩かれていて、びっくり!しました。↓📷DSCN4782
是非、一度は、本場でこの相撲観戦を味わってもらいたいです。テレビでは味わえない、解らない場面が満載でした。誰もが感動するはず。東京旅行は、まだまだ続きます。またブログにて、ご報告をしたいと思います。

岡山市民文化大学5月講座

皆さん、こんにちは。5月20日(土)は、岡山市民文化大学の5月講座でした。マリンライナーに乗車してお手伝いに行ってきました。晴天で汗ばむ一日でしたね。講師は、テレビなどでも、お馴染みであります、評論家 宮崎 哲弥先生でした。

2017-05-21 23.06.57
帰りは、主催地シンフォニーホールから岡山駅まで歩いて散策。この道すがら、ユニークなお店が沢山あります。キョロキョロしながら、歩くのが楽しみになっています。真ん中辺りに位置します、「西川緑道公園」には平和の像があります。満月の週の週末には、満月バーなるものが開催されています。洒落たイベントです。
2017-05-20 17.04.362017-05-20 17.06.142017-05-20 17.06.562017-05-20 17.09.132017-05-20 23.04.592017-05-20 23.05.57
高松駅到着後、外へ出るとキレイな歌声で懐かしい曲が聞こえてきました。シンガーソングライターの方の路上ライブ。思わず足を止めて聞き入ってしまいました。高音なので女性かと思うと男性です。
その歌声♪に、そしてココ地元の良さにホッとして帰着。いつもより少し長く感じる一日でした。

香川県立ミュージアム春展

こんにちは。汗ばむ日もありますが、気候の良い時季です。家庭菜園のレタスにくっついていた、てんとう虫を発見!今の季節のお花、シャクナゲの花瓶へお引っ越し。
シャクナゲとてんとう虫

先日、久しぶりに香川県立ミュージアムへ行って来ました。現在国内外のアートシーンにおいて精力的に活動を行う香川県出身およびゆかりの作家さん、20人を紹介しています。とっても個性的な作品が多く、近代美術です。面白い作品ばかりでした。
写真撮影がほぼ、OKだったので、一部ご紹介します。

ミュージアム②
入ってすぐにある作品で、気に入りました。ハートは、平和の象徴です、ほっこりします💛2014年 筆塚稔尚氏 ≪むらぎもーたが≫
ミュージアム③
2016年 山本糾氏 ≪何も変えてはいけない≫
ミュージアム④
一番お気に入りの作品。2011年 蔵本 秀彦氏 ≪それでも木漏れ日は≫

作家さん20人は、年齢層も様々であり、絵画、彫刻、写真、映像、インスタレーション等で、多様な表現を行っています。
自分という人間を表すのに、言葉以外で、こういった技法を持っている方は、憧憬の念です。
音楽楽器を奏でる、運動能力にたけてる、料理・裁縫上手、野鳥に詳しい、写真撮影etc・・・・生きている間に披露できる得意分野を持ちたいと感じました。
皆さんは、何かにこだわり、自分を表現する方法をお持ちですか?
CROSSPOINT交差する視線ー20の表現
2017年6月4日(日)まで開催。9:00~17:00 月曜日休館 観覧料¥1000- 65歳以上の方は無料
金曜日の夜は、クロージングナイトイベントを開催中。
お問合せ先087-822-0002

大阪 法善寺

前回のブログの続きです。歌舞伎のチケットを手に入れて、一時間ほど時間があったので、周辺を散策することにしました。
DSCN4630
どんぶりとうどんで有名な「道頓堀 今井」です。お店の前にある柳の木がシンボルです。創業は昭和21年。観劇弁当も作ってくれます。以前に歌舞伎でご一緒したお客様が教えてくれてから、行くようになりました。その方は、グルメ通。旬の食材で手料理を持って来てくれたり、家も近く、ずっーと仲良くしてほしいです♡
その人を思い出しながら、今井の横に狭い路地があり、そこを通りぬけます。

DSCN4620
浮世小路。小さなお宮さんや、おみくじもありました。レトロな雰囲気。ここを通り過ぎると、織田作之助の小説
「夫婦善哉」でも有名な、法善寺横丁に出ます。昔ながらのバーや小料理屋さん、焼き鳥屋さんなど、なんとも風情のある石畳の通りです。ここの中心に、水かけ不動 法善寺がありました。
DSCN4624
子どもの頃のように、宝探しの探検隊の気分で、辿り着いた時は嬉しくなりました♪♪数人の人がお参りをしていました。DSCN4622DSCN4623
浄土宗。1637年開山。江戸時代の創建。ミナミは繁華街に点在しています。不動さんへ水をかけて、願い事をします。お供えの意味で水を掛けることから始まり、今は苔で緑色のお不動さんです。ご利益は、何でもあります!というのがいいですね。
それでも、参拝の機会がありましたら、あまり欲張らず、お参りください。
この後、歌舞伎を観て、昼食にお茶、買い物と、朝から7時間も滞在をしていました。都会の街は、どの世代でも楽しめるようにできています。今は歌舞伎を観劇と、楽しみ方も変わりました。時は止まることなく、流れていることを実感しながら、20代の頃に友人と笑い合っていた大阪旅行が一番楽しかった気がしました。懐かしく♡

五月花形歌舞伎

皆さん、こんにちは。まだ5月でも、気温はぐんぐん上昇しています。昨日の雨が涼しく心地良く過ごせました。
大型連休は、有意義に過ごされましたか? 三連休で大阪へお出かけしてきました。DSCN4642
大阪道頓堀にある、カールおじさんの看板。CM効果抜群です!その真ん前には、若者のファッションブランド「Forever 21」があります。日本語訳は、「永遠の21歳」。私は、ずっと昔に通り過ぎましたが、今も買って帰ります。21歳でなくってもOKですね(笑。アメリカが本店で、安価です。ファストファッションと言われていますが、これは和製英語です。DSCN4644
お目当ては、歌舞伎です。大阪松竹座で始まりました、五月花形歌舞伎。情報は、松竹座の営業の方からのお電話で。メインの出演は、中村勘九郎、中村七之助、市川猿之助。人気若手役者で、すでにチケットは完売。当日の幕見席が販売されるということで、並びました。DSCN4614DSCN4616
到着の時点で、長蛇の列でしたが、どうにか一幕席が取れました。演目「金幣猿島郡」(きんのざいさるしまだいり)は、猿之助宙乗りがあり、すでに売り切れ。(事前調べで、本当はこれが観たかった!残念)
取れたチケットは、常磐津連中「戻駕色相肩」(もどりかごいろにあいかた)でした。感想は、想像以上に良かったです。勘九郎、児太郎、歌昇、若手俳優による時代情緒あふれる人気舞踊。とても艶やかでした。三階席なので大向うの屋号の掛け合いが、まじかで聞けます。
東の東京歌舞伎座では「團菊祭」を上演中です。こちらの目玉は、今回デビューした、寺嶋眞秀ちゃんかもしれません。

DSCN4618DSCN4639
たまにの歌舞伎鑑賞は、きらびやかで、非日常空間です。大型連休中の良き一日となりました♡
今年の受講生の皆さんとの旅行では、毎年実施しています、歌舞伎は残念ながら予定に入っていません。
また、来年に乞うご期待!
五月花形歌舞伎 大阪松竹座 5/2~5/26
チケットお問合せ先 0570-000489

2017年5月講座を終えて

2017年5月6日(土) 香川県民文化大学第十期5月講座が開催されました。大型連休中の土曜日でしたが、大勢の受講生の方が来場され、政治・経済への関心の高さがうかがえました。

講師は、現在は早稲田大学大学院・政治経済学部教授 片山 善博先生でした。慶應義塾大学は今年3月に退任された旨を冒頭に話されました。演題は、『香川から地方創生を考える』。地方創生とは、少子化に人口減少に苦しむ地方自治体の活性化を目指すこと。「まち・ひと・しごと創生本部」が政府により2014年に設置されました。
初代の地方創生担当大臣が石破 茂氏が就任され、鳥取県出身の大臣であり、また片山先生も鳥取県で知事を務められていたことから、お二人のエピソードも語られました。地方自治体の取り組み、私たち県民の関わり合いについてを、より良い日本を目指して、これからの日本の将来について、判り易く講演されました。勉強になりました。
IMG_7770
IMG_7781

5月講座のオープニングタイムは、沖縄民謡「OHANA」。4名のファミリーの皆さん。喜納啓子さんが中心になって、会場内は盛り上がりました。普段は、高松市古馬場町で沖縄料理&ライブ「OHANA」を経営されています。この日は、息子さんであり三線演奏者のエディー氏も沖縄から駆け付けていただきました。

IMG_7746IMG_7767

舞台のお花は、屋島西町にあるお花屋さん「モン・リジェール」さん。この日も素晴らしい装飾でした。
そして、お客様から、5月5日にちなんで頂いたお土産は、柏餅を真似た、熊野蒲鉾店の柏餅かまぼこ。餡の代わりに、うずらの卵が入っていました。美味しく、少々感動しました。
また、別の方からは、お庭で育てている、カラーの花束を贈っていただきました。カラーの花言葉は、「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」。お土産から、様々な季節感を感じました。ありがとうございました。

IMG_7731 DSCN4650 DSCN4651

2017年5月講座

新しい芽が吹き始め、新緑の季節へと移り変わっています。家の周辺では鶯の声がよく聴こえてきます。鳥違いですが、「目に青葉 山ホトトギス 初鰹」の句が思い浮かぶ、青空が広がっています。
連休の最終になりますが、5月6日(土)は、第十期 香川県民文化大学5月講座が開催されます。
おでかけの多い時節柄、予定調整の上、どうぞお越しください。

講師は、元総務大臣、前鳥取県知事 現在は、慶應義塾大学教授であります、片山 善博(よしひろ)先生です。
写真@慶応大学 (2)
岡山県生まれ。1974年、東京大学法学部をご卒業。自治省に入省。1999年、鳥取県知事となり、二期務められる。期間中には、鳥取県西部地震に遭遇。被災者の個人住宅に対して、全国で初めて、復旧助成(利子補助)を実施した。そのほかにも、様々な取り組みを行い、鳥取県へ大きく貢献する。
2010年には総務大臣に就任。退任後は、慶應義塾大学教授に復帰し、現在に至る。
歯切れのよいコメンテーターとして、メディアにも度々、登場されています。

~タイムスケジュール~
12:00  レクザム大ホール開場

12:55  オープニングタイム  沖縄民謡「OHANA」

13:30  片山 善博先生による講演会

15:00  終了予定

15:10  ロビーにて、本の販売とサイン会を予定してあります

万障お繰り合わせの上、ご出席ください。

岡山市民文化大学4月講座

皆さん、こんにちは。 日中は、すっかり汗ばむ陽気で、夜はまだ花冷えの毎日です。先週の栗林公園のボタン桜です。
どっしりと咲く桜です。

栗林公園 (2)

ブログの記事が、前後しますが、4月15日(土)は、姉妹校である、岡山市民文化大学の4月講座でした。
講師は、香川へ6月4日に来られます、キャスターの村尾 信尚先生でした。夜のニュースZEROでお馴染みです。
ご挨拶へ行き、気さくなお人柄に、スタッフと一緒に記念撮影を📷
岡山では、大盛況でした。どうぞ、6月講座もお楽しみに。
そして、5月講座は、ゴールデンウィーク中の開催です。お忙しい中、お忘れなくお越しください。
IMG_7291
村尾信尚氏と

2017年4月講座を終えて

4月22日(土) 青空広がる晴天の中、4月講座が開催されました。講師は、丁 宗鐵先生。朝早く、東京からお越し頂きました。皆さん、健康には大変ご興味があるようで、満員御礼。先生もびっくりされていました。
健康であるための秘訣、長生きをしている人の秘訣は、
①自分でお金の管理をしている、または、高齢であっても自分で稼いでいる(働いている)。
②地位や名誉がある。同窓会の会長や、地域の自治会長でもOK。責任を持って生きる。
③家族や友人と友好な関係を築いている。
④医者選び。
この中に漢方医学が入ってきます。漢方とは、身体だけではなく、その人の人生も見ているんですと、お話されました。
質疑応答、本のサイン会もありました。今日のお話を聴く薬として、日常生活へ取り入れたいと思います。
IMG_7408IMG_7411IMG_7414

IMG_7416

オープニングタイムは、クラッシック音楽『トリオ・ルーナ』の三人の音楽家の方でした。春に相応しい曲を演奏してくださいました。曲がそよ風のように心地良いメロディとなりました♪
IMG_7398

先生も無事に帰られ、講演会は16時には終了しました。この日のサンポートの眺めです。日中が長くなりましたね。素敵な光景、瀬戸内海の夕日です。ブログ②
こんな鯛も泳いでいることでしょう。【波にもまれてあなたもいつか鯛になる】良き言葉に出会い、良き一日が終了しました。ブログ③

2017年4月講座

こんにちは。ソメイヨシノから、桜の品種がボタン桜に変わり、綺麗なピンク色が咲き誇っています。
皆さんは、どんな時に幸せを感じますか? 美味しいものを食べる時、旅行をしている時、家族との時間、好きなことをしている時、好きな人と過ごす時などなど… 普段そんな事を考えずに生活しています。
ふと、”幸せ”とはを考えた時に、自分に幸せ感があれば、人に優しくなれそうです。愛情豊かで在れば、人生は豊かでしょう。
散る桜の花びらが花筏になり、風情を感じます。

4月22日(土)第10期 香川県民文化大学 4月講座が開催されます。
講師は、日本薬科大学学長でもあり漢方学者であります、丁 宗鐵(てい むねてつ)先生です。
丁宗鐵_顔写真_1

1947年、東京生まれ。横浜市立大学医学部入学。同大学院在学中の国立がんセンター研究所研修を経て、大学院卒業後に北里研究所に入所。大学時代に「東洋医学研究会」という漢方のクラブに出会ったのが、きっかけになり、漢方の勉強を始める。
漢方の考え方とは、「重病だと病院に相談するけど、ささいな病気や症状は自分で治しましょう」というものだそうです。日本も豊かになり、健康が重要視される時代です。人生を楽しむのも、まずは健康であることが大前提です。時代に沿った興味深いお話が聴けることと思います。

~タイムスケジュール~
 12:00  レクザム大ホール開場

 12:55  オープニングタイム  クラッシック音楽 ヴァイオリン、チェロ、ピアノ「トリオルーナ」の三人の皆さんによる演奏

 13:30  丁 宗鐵先生による講演会

 15:00  終了予定

 15:10  ロビーにて、本の販売とサイン会があります

皆様のご参加をお待ちしております。