東京旅行③

東京旅行の最終日です。帝国ホテルでの朝食は、和洋それぞれのお好みでとって頂きました。まず、最初の観光地は、スカイツリーへ。
開業から7年になり、静に観光が出来ました。高さ634メートル。空に向かって伸びる大きな木をイメージに建設されています。展望フロア―からの眺めは東京をぐるっと見渡すことができ、この日は素晴らしい眺め。ご年配の女性の方が、「こんな高いビルや建設物を人間が創るなんてすごい世の中ね」と、外を眺めながらおっしゃった言葉が印象的でした。日本の首都・東京という街をここから実感することができます。

そして、浅草へ。歌舞伎では、お伊勢参りをして願い事を叶えるという物語でした。私たち一行は、浅草寺で願い事を祈念しました。叶うといいな~。


その後、隅田川クルーズへ。浅草乗船、浜離宮までの40分の船旅。風に吹かれながら、川側からの観光ガイドは、知らなかった東京という一面を知る事ができました。これは、とてもおススメの観光です。


昼食は神楽坂にある老舗鰻屋「志満金」。国産ウナギが高価な今、とても美味しい鰻を食しました。
たっぷりと優雅な旅。令和元年の夏旅は、キラキラと心に深く刻まれて終了です。ご参加頂いた方ありがとうございました。いついつまでも、印象深い旅だったと思い出して頂ければ幸いです。また良き旅が皆さまと出来ますことを願っています。

東京旅行

道端では、蝉の抜け殻を見る季節になりました。風が朝夕涼しくなってきました。あんなに暑かった夏から秋の気配を感じるようになりました。東京旅行の続きです。歌舞伎を観劇後、興奮冷めやらぬまま、今回のお宿は帝国ホテルへ。日本御三家ホテルの一つでもあり、日本を代表するホテルです。


フロントロビーには、毛糸の花が装飾されていました。庶民的な花がこんなにも素敵になるなんて!と皆さん写真を撮られました。
夕食は、帝国ホテル内でのフランス料理『ラ ブラスリー』。洋服を着替えてお席に着く方もいらっしゃったり、仲間内で楽しく会食されていました。フルコースで、どうぞご覧ください。






お料理は美味しく、おもてなしも素晴らしく、二時間かけての夕食で日が暮れていきました。至福のひと時でした。

八月納涼歌舞伎

こんにちは。お盆が過ぎて、風や空は秋の気配でしょうか。暑さはまだまだ健在ですね。8月20日から一泊二日で受講生の方々30名で東京へおでかけをしてきました。そのご報告です。

新しくなり、早6年の月日が流れます。平成25年4月から第五期歌舞伎座が誕生しました。東銀座に変わらず鎮座しています。
この日も暑かったです。雨予報は、皆さんの日ごろの行いが良いせいか、うまく降られずにすみました。

第二部『東海道中膝栗毛』を観劇。市川猿之助と松本幸四郎演じる、弥次さん喜多さんコンピ。今年で四作目になります。
プラス準主役を演じていたのは、市川團子と市川染五郎。人気の演目は、チケットは早々とソールドアウト。水芸あり、扮した動物が出演、最後は、花火があがり、宙乗りで消えていくという派手な演出に圧巻の歌舞伎でした。誰もが、感激・感動したはずです。いつまでも心に残る納涼歌舞伎となりました。

歌舞伎の本家本元の会場は、なんとも言えない空気が漂っていると感じます。この地にまた足を踏み入れる事が出来たことにも感謝でした。この後は、帝国ホテルへ。続きます。

八月南座超歌舞伎

残暑お見舞い申し上げます。お盆に珍しく大型台風がやってきました。暦の上では立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ暑さ厳しい毎日ですね。お変わりありませんか? 今、京都南座ではとてもユニークな歌舞伎を上演中です。松竹座の方から情報を得て、行ってきました。


初音ミク×中村獅童【八月南座超歌舞伎】バーチャル歌舞伎です。NTTドコモ協賛。今時の歌舞伎は、とてもとても想像以上に艶やかで素晴らしい演出でした。獅童宙乗り、会場に舞う桜吹雪、アクロバットにダンスと、従来の歌舞伎から逸脱した新しい歌舞伎を観ることができました。wonderful!!

美術館の日

こんにちは。合言葉は、「暑いですね~」。猛暑に湿気を含み、息をするのも大変な外気温となっています。お気をつけください。8月3日は、美術館の日。高松市美術館まで出かけてきました。


『宮永愛子展ー漕法』。瀬戸内国際芸術祭にも参加出展されています、若手の作家さんです。海や旅行などがテーマになっています。夏らしい展示物の数々。


~展示にあたっての紹介文~
岡山と高松を結ぶマリンライナーから初めて瀬戸内海の島々を眺めた時、あの海の水平線を思い出した。海は世界を隔てているのではなく、緩やかにとなりの景色をつないでいるのだということを。何億年という歳月の中、海は島や山にその姿を変える瞬間(こと)がある。私たちも太古から呼吸するように世代をつなぎ、今日もこの移ろいゆく景色の中にあり続けている。

現代アートは、従来の絵画にとらわれずに観ると、とても、面白いものだと、瀬戸内国際芸術祭を通して感じるようになりました。瀬戸芸という祭典で投げかけられたアートにて頭も柔軟になります。
サヌカイトを展示している部屋は、準備も大変だったろうな~と思いながら通りました。機会あれば足を運んでみてください。
2019年9月1日(日)まで。入場料一般¥1000-休館日:月曜日(8/12は開館)

映画鑑賞

梅雨明けとともに、暑くなってきましたね。寝苦しい日が続いています。

昨年の11月に公開され、今年の4月にDVDとして発売。『ボヘミアン・ラプソディー』昨年の公開以来、全世界で話題になった、イギリスのロックバンド、「クイーン」を描いた半伝記ストーリーです。
ラスト21分のステージは、本物を忠実に再現しています。
以下、紹介文。
1970年、ロンドン。ライブハウスに通っていた若者フレディ・マーキュリーは、ギターリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーのバンドのボーカルが脱退したと知り、自らを売り込む。二人は、フレディの歌声に心を奪われ、共にバンドを活動し1年後には、ベーシストのジョン・ディーコンが加入。バンド≪クーイン≫が誕生。4人はアルバムを制作し、シングル「キラー・クイーン」が大ヒット。個性的なメンバーの革新的な挑戦によって、その後もヒット曲が次々と生み出され、フレディは史上最高のエンターテイナーとまで、称されるようになる。しかし、栄光の影で次第にフレディはメンバーと対立し孤独を深めていくのであった・・・。解散危機もあったが、フレディの不治の病をきっかけにして、再結束をしバンドは始動し始めます。

いやはや、本当に面白い!!心にグッときました。いついつまでも印象に残りそうです。こんなにも、才能に恵まれ、カリスマ性を持った人物がいるのだと!これをきっかけに、彼らに興味を持ちました。探求していこうかと思っています✑📖。そして、今は、全世界SMSを通じて情報交換が出来る時代です。ブライアンメイと、ロジャーテイラーと、繋がってみました。現在もお元気でバンド活動をされています。勿論英語ですが、翻訳機能も付いています。便利な世の中です。暑い~、外出したくない日にはおススメの映画です。

2019年7月講座を終えて

蝉の声が聞こえ始めました。ムシムシとした週末になりました、7月20日土曜日に7月講座が開催され無事に終了いたしました。講師は、荻原健司先生でした。



オリンピックを制覇するアスリートの実情、筋肉の付け方、そして、質疑応答もありました。最後の最後には、現在、闘病中の水泳選手 池江璃花子選手へ送る言葉は、という質問があり、感動的に終了しました。

「少年のような生き生きとした雰囲気を持った荻原健司さんでした。話が驚きの連続でした。前向きになれる言葉を沢山ありがとうございました」65歳女性より
沢山の方から、とても良い講演会でしたという声が届きました。

オープニングタイムは、ハーモニカの演奏。「さぬき口琴隊」の皆さんは、21分間、ノンストップで演奏。春夏秋冬童話、唱歌と荻原先生も観衆もビックリ。素晴らしいハーモニカを披露してくださいました。ハーモニカ歴の長い奏者です。生活に溶け込み、一部の方は教えにも行かれているとか。良い趣味をお持ちです。





足元の悪い中、ご来場ありがとうございました。

2019年7月講座

皆さん、こんにちは。やっとの雨降りで、早明浦ダムも100%の貯水率で一安心です。八百屋さんでは、色とりどりの野菜が陳列する季節になりました。
7月20日土曜日、7月講座が開催されます。講師は、元スキー・ノルディック複合日本代表 荻原健司(おぎわらけんじ)氏です。

メディアでもお馴染みですが、オリンピックワールドカップで活躍し、日本スキー界初の年間総合優勝に輝いています。三連覇の偉業を成し遂げ、後に、「荻原封じ」とささやかれるルール改正があったほどの無類の強さを誇りました。現在は、北野建設にて、スキー部ゼネラルマネージャーを勤めています。メダリストを輩出し、トップ選手の育成と教育にあたっています。来年の東京オリンピックも踏まえて、スポーツ界でのどんな話が聴けるのか楽しみです。

~タイムスケジュール~
12:00  レクザム大ホール開場(全席自由席)
13:00  オープニングタイム ハーモニカの演奏『さぬき口琴隊』ノンストップで21分間の演奏 お早目にお着席されますことを、ご協力をお願いします
13:30  荻原健司先生による講演会
15:00  終了予定
梅雨明け宣言がされる時期です。暑さに気をつけてお越しください。

七夕コンサート

こんにちは。昨日は七夕。雨降らずの一日でした。7月6日に高松未来館プラネタリウムにて七夕コンサートが開催されました。

高松市松島町にあります、まだ新館の建物には図書館や平和祈念館なども入っています。ここで、サンポートホール高松「音楽お届け便」として、香川県出身の中村姉妹デゥオによるコンサート。

リクライニングシートで満天の星を見ながら、七夕にまつわる星の話を聞きながら、ピアノとフルートの音色が響きました。♪星に願いを♪月の光♪など、聴きなれた曲を演奏してくださいました。



初めての体験に、1時間がほんの10分ほどの感覚におちいるほどの至福の時間に。プラネタリウム✖クラッシック音楽✖七夕のコラボは素敵な企画でした。

高松市歴史資料館

こんにちは。やっとの梅雨入りです。観測史上一番遅かった令和元年になりました。
雨は自然からの恵み。この季節ならではの雨模様も楽しみたいものです。今日から7月です。
県下には、いくつかの、歴史資料館という市や県が運営している施設があり、美術館同様に、様々な展示物催しや、ミニコンサート、お茶会が催されています。高松市図書館(高松市昭和町)四階にあります、資料館をご紹介します。

高松市の昔の歴史を知る事が出来る、展示物があります。原始古代の高松平野の成立から令和になった高松尋ね歩記まで、高松を知る良いきっかけになります。面白かったのは、明治時代には、高松市内に芝居小屋が沢山あったということです。

明治時代の東京歌舞伎のポスターも貼ってあり、それを見た、民衆が歌舞伎見物に東京まで行くという、時代は流れても、歌舞伎好きな人は、今も変わっていない光景のように思いました。8月には、受講生の方々と東京納涼歌舞伎へ出かける予定です。
ー郷土玩具の旅ーやー大阪商船ポスター展ーなども、今、展示されています。



雨宿りに時間があればお立ち寄りをしてみてください。見聞が広がります。
高松市昭和町1丁目2-20 開館時間9:00-17:00  月曜日定休日 
観覧料¥200  65歳以上は免除