9月の福山文化大学へ

風が随分と涼しくなりました。もうすぐ、金木犀の甘い香りが漂い始めます。
9月23日(土)秋分の日に、姉妹校であります、福山文化大学へ行ってきました。電車に揺られて約二時間で到着。今年初訪問。駅に降り立てば、斬新に感じる看板が目に入りました。
福山は、薔薇の街🌹
そこから、バスで10分くらいで到着です。会場名も「リーデンローズ」。中も薔薇をあしらったコーディネートをしています。
  
講師は、作家でもあり、東京大学名誉教授でもあります、養老孟司先生。

『バカの壁』『養老訓』など多数執筆。医学博士でもあります。以前に、香川県にも来ていただきました。今日のテーマは、
【老いては脳にしたがえ】。高齢化社会の日本において、興味深い演題でした。

今年5月大相撲春場所、東京へご一緒した、お客様から、こんな可愛らしい贈り物が。福山市松永町という所は、かつては、下駄作りの街として、栄えたんだそうです。今では、あまり履かなくなり、作る工場も衰退したそうです。昔の名残を残した貯金箱。旅行と下駄にちなみ、お金を貯めて、旅行へ出かけよう!!と思いました。そのお気持ちに感謝でした。

9月講演会のお花

IMG_9657
9月2日(土)講演会時の舞台のお花です。パンパスススキ、小さな黄色の蘭の花は、オンシジューム花言葉、可憐・一緒に踊って!)、白い大きな花は、ピラミッドあじさい花言葉、しとやかな恋人)、真ん中にある黄色の花は、マリーゴールド花言葉、健康)。
屋島にあるお花屋さん「モン・リジェール」装飾。少し秋色の花に。
今夏は猛暑であった分、秋の季節がいつも以上に心地良く感じると思います。この暑さで外出を控えていらっしゃった方も多いことでしょう。気候の良い季節に、外の空気を吸って、日々の生活、何でもない日常を楽しみたいと思います。

追伸 ~事務局の場所が引っ越しをしました~
旧社は、老朽化にともない、9月1日より下記の場所へ移転しております。大川バス高松支社の西側二軒となりのビルの二階です。尚、電話番号、FAX番号に変更はありません。
〠760-0033高松市丸の内4-9丸の内ビル二階(真向いは、横井胃腸内科クリニックさんとなっております)

2017年9月講座を終えて

9月2日(土)  9月講座の講演会が開催されました。朝、夕、涼しい風が吹き始めました。そんな秋めいた空気を感じた秋晴れの一日となりました。

講師は、武田邦彦先生。会場内は、よく笑いで包まれました。演題は、『これからの日本社会と新しい男女の関係』。演題のほかにも様々な分野について、お話されました。先生が書かれた本の中にこんな一節がありました。

「結婚のカタチはどうでもいいのです。別の人間と暮らすということが大事なんですね。なぜなら夫婦生活では、自分の正しさと相手の正しさが、常にぶつかるのですから。喧嘩しなさいと言っているわけではありません。別の「正しさ」があることを知る絶好の機会だと申し上げているのです。結婚生活は、相手の考えを自分の中に取り込むチャンスなのです。それができれば、単純計算で、あなたの人生は2倍になります。」
IMG_9681IMG_9683

講演終了後に、著書『武田教授の眠れない講義』の販売とサイン会がありました。
IMG_9703IMG_9704

講演前のオープニングタイムは、三木ハーモニカクラブの10名。先生は20年以上講師を務められ、皆さん、長年、ハーモニカを愛している方々。素晴らしい演奏を奏でてくださいました。
趣味のある人生は、豊であることを証明してくれました♪
IMG_9675IMG_9665
 

 

2017年9月講座

お盆の諸行事を終え、短い夏休みも終わり、静かな今週末を迎えそうです。皆さまにとりましても、ホッとした頃に、夏のお疲れが出ませんように。
2017年9月講座が、9月2日(土)に開催されます。講師は、中部大学特任教授、工学博士でもあります、
武田邦彦先生です。
東京大学教養学部基礎科学科を卒業後、旭化成に入社。同社ウラン濃縮研究所長、芝浦工業大学工学部教授、名古屋大学工学部教授などを経て、現職。定説と異なる、独自の主張で脚光を浴び、テレビ、ラジオにも多く出演されています。
武田スナップ
~タイムスケジュール~
12:00  レクザム大ホール開場
12:55  オープニングタイム「三木ハーモニカクラブ」
13:30  武田邦彦先生による講演会
15:00  終了予定
15:10  本の販売及びサイン会があります

2018年度の決定講師を発表。来期の受講募集を会場にて募ります。会場にて、お申込みにお支払いができます。

8月11日 六本木歌舞伎、大阪へ参加された方々、写真の販売がございます。

皆様のご参加を心より、お待ち申し上げます。

2017年8月講座を終えて

8月1日(火曜日)猛暑の日となりました。
8月特別講座は、錣山親方が講演されました。
演題は、『私の相撲人生』。悔しい思いをしながら、その度に「負けん気の強さ」を持って挑んだ相撲人生を語られました。
本当に悔しい思いをした日は、筋トレを夜間にしたそうです。スポーツ選手は、心底の本物の気の強さがあることを痛感。貴花兄弟との名勝負をした逸話もお話されました。精神力の強さ、礼儀作法においても、併せての力士であること。ブログに書けるのは、ほんの一部ですが、お客様からは、「いいお話だった」と、言った感想が多く寄せられています。
IMG_9529
本日の司会者、講師交渉担当者と記念撮影をしたショットも。
DSCN4948
DSCN4949

この日のオープニングタイムは、竹川いつ子会長、讃岐相撲甚句会の皆さん。初めて聞きました相撲甚句。こんなにも素晴らしいものかと、とても感動しました。
IMG_9527
IMG_9520
IMG_9524

2017年8月講座

暑い日々が続いています。蝉の大合唱に真っ青な空、夏本番です。どうぞ、夏ならではの風物詩もお楽しみください。
通常は、夏休みになりますが、今年は、香川県民文化大学開講10周年を記念しまして、特別に8月も講演会を開催致します。

8月1日(火)講師は、元関脇・寺尾関、現、錣山(しころやま)親方をお招きしております。
2004年に、錣山部屋を創設。後進の指導を精力的に行うとともに、相撲の素晴らしさを伝える、講演活動をされています。スポーツ界からの講師は、久しぶりのご登壇です。さて、どんな相撲界のお話が聴けるのかお楽しみに。
元関取寺尾氏

~タイムスケジュール~
12:00  レクザム大ホール開場
12:55  オープニングタイム相撲甚句「讃岐相撲甚句会」
13:30  錣山親方による講演会
15:00  終了予定

平日の暑い折ですが、どうぞ、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

特別講演会を終えて

平成20年4月に、開講しました、香川県民文化大学は今年で第10期を迎えました。その10周年記念特別講演に彬子女王殿下に、講師としてご来臨を仰ぎ特別ご講演を賜りました。
テーマは『日本文化を未来に伝えるために』。
彬子女王殿下は、寛仁親王殿下の第一女子として、1981年12月20日に誕生。
学習院大学文学部史学科をご卒業後、英国オックスフォード大学マートン・コレッジにご留学。日本美術史を専攻。女性皇族で史上初の博士号を取得されています。

英国での留学後、大英博物館でご勤務され、特に日本美術、芸術に関しましては、多方面に渡って、お力を傾注され、広く調査、研究に従事しておいででございます。貴重な経験をなさられ、ご自身の体験を通して、日本の伝統文化の大切さを痛感された事をお話されました。
現在は、京都産業大学日本文化研究所研究員、京都市立芸術大学客員教授などを兼任。
子どもたちに日本文化を伝えるための「心游舎」を創設なされ、総裁として活動中。

ご講演の中では、大人になると、「どうして?」という疑問が無くなる。全ての物事が行われているのには、理由がある。それが、なぜ行われているかを知ることで、深く理解が出来るようになる。深く理解すれば、意味が解る。意味が解れば、おのずと、自分のものとなり心に残ります。子どもの抱く「なんで?」という芽を摘み取らず育てていくことが大切。そして、これからも日本の良き伝統文化を伝えていきたいと、締めくくられました。
講演を聞いて、”まずは、今日から、お茶を丁寧に入れて、飲んでみようと思います”という受講生の方からの声が事務局へも寄せられました。

また、皇室ならではの、”お帽子”のお話もされ、大変貴重なお話が聴けました。彬子女王殿下には、深く感謝申し上げます。
香川県民文化大学は、次の10年を目指して、一歩一歩、県民の皆さまとこれからも、歩んでいきたいと思っております。

瀬戸フィルトリオとお花

やっと梅雨らしく、雨が続いています。恵みの雨とともに、健やかにお過ごしでありますように。
2017年6月26日(月)は、香川県民文化大学10周年記念特別講演会が開催されました。
講演会の前にある、音楽会は、瀬戸フィルハーモニーから、『瀬戸フィルトリオ』ピアノ、フルート、ソプラノでご出演頂きました。全八曲、30分ほどの演奏ですが、華やかな舞台となりました。最後の曲♪You raise me up(ユーレイズミーアップ)は、フルートの旋律とともに心へ残る歌声でした。いつ聞いても、素敵な曲ですね♪
IMG_9328

そして、今日のお花。講師の方のイメージが白色とブルーということで、もう一つの華やかさが舞台上に演出されました。
IMG_9309

~小さき花~
この日に咲いていました、事務局下のクローバーのお花。雑草ですが、可憐で逞しい。ふと、足を止め、また違った美しさが雑踏の中にありました。小さき花

10周年記念特別講演会

梅雨入りしたにも関わらず、雨降らず、水は無くとも紫陽花が綺麗に咲いています。クチナシの花を頂き、甘い香りにホッとする日常です。
お変わりなくお元気にお過ごしでしょうか。
DSCN4905

さて、香川県民文化大学は、香川の地に誕生をして、今年で10周年になりました。香川県下の皆さまと、共に学び、共に歩んだ10年間でした。様々な分野の講師を迎えてきました。また受講生の方々と旅行へ出かけ、沢山の思い出が出来ました。そして、今後も共に歩んで行けますことを、心より願っております。
この度、10周年特別講演としまして6月26日(月皇室より講師をお招きし講演会を開催致します。
詳細につきましては当日、配布のパンフレットにて公開致します。
皆さまのお越しを、心よりお待ち申し上げております。

~タイムスケジュール~
12:00  レクザム大ホール開場

12:55  オープニングタイム  瀬戸フィルハーモニーより ソプラノ、ピアノ、フルート演奏 全八曲


13:30  10周年記念特別講演会


15:00  終了予定

2017年6月講座を終えて

香川県民文化大学第十期6月講座が、6月4日(日)に開催されました。講師は、大学教授でもあり、ニュースキャスターであります、村尾 信尚先生がお越し頂きました。青空広がる日曜日になり、大勢の方がご来場になりました。

IMG_8565
演題は、『ニュース報道の現場から』。官僚から、ニュースキャスターになり、報道の現場で心がけていることを端的にお話頂きました。なるべく難しい言葉を使わない、中学生が聞いても、解るニュース。翻訳能力が重要であること。また、この10年間に起こった、世界、日本の時事ニュースについてを熱く語られました。パリ協定アメリカ離脱宣言、リーマンショック、アラブの春、東日本大震災、イギリスEUからの離脱など、また世界の中の日本についてなど。
ニュースキャスターとしての使命を持ち、公平なる想いを的確に観衆へ伝えていきたいという、信念がひしひしと伝わる講演会となりました。
質疑応答も盛んにあり、勉強になりました。今日から、ニュースZEROが今までと違った視点で見れそうです。
IMG_8567

この日のオープニングタイムは、フォークソング。「瀬戸内瀬戸際ブラザーズ」のお二人。宇多津にあります、≪海ほたる≫で週末によく歌っているそうです。音楽好きな人が集まっているとか。近くに行かれた際には、立ち寄ってみてください。軽快トークと共に、懐かしい曲♪を届けてくれました。IMG_8556IMG_8562

今月のお花 ~モン・リジェール~高松市屋島西町2490シーサイドビル1階
豪華なお花からも季節感を感じます。いつも講師の方のイメージでお花を決めているそうです。
IMG_8552