2019年7月講座を終えて

蝉の声が聞こえ始めました。ムシムシとした週末になりました、7月20日土曜日に7月講座が開催され無事に終了いたしました。講師は、荻原健司先生でした。



オリンピックを制覇するアスリートの実情、筋肉の付け方、そして、質疑応答もありました。最後の最後には、現在、闘病中の水泳選手 池江璃花子選手へ送る言葉は、という質問があり、感動的に終了しました。

「少年のような生き生きとした雰囲気を持った荻原健司さんでした。話が驚きの連続でした。前向きになれる言葉を沢山ありがとうございました」65歳女性より
沢山の方から、とても良い講演会でしたという声が届きました。

オープニングタイムは、ハーモニカの演奏。「さぬき口琴隊」の皆さんは、21分間、ノンストップで演奏。春夏秋冬童話、唱歌と荻原先生も観衆もビックリ。素晴らしいハーモニカを披露してくださいました。ハーモニカ歴の長い奏者です。生活に溶け込み、一部の方は教えにも行かれているとか。良い趣味をお持ちです。





足元の悪い中、ご来場ありがとうございました。

2019年7月講座

皆さん、こんにちは。やっとの雨降りで、早明浦ダムも100%の貯水率で一安心です。八百屋さんでは、色とりどりの野菜が陳列する季節になりました。
7月20日土曜日、7月講座が開催されます。講師は、元スキー・ノルディック複合日本代表 荻原健司(おぎわらけんじ)氏です。

メディアでもお馴染みですが、オリンピックワールドカップで活躍し、日本スキー界初の年間総合優勝に輝いています。三連覇の偉業を成し遂げ、後に、「荻原封じ」とささやかれるルール改正があったほどの無類の強さを誇りました。現在は、北野建設にて、スキー部ゼネラルマネージャーを勤めています。メダリストを輩出し、トップ選手の育成と教育にあたっています。来年の東京オリンピックも踏まえて、スポーツ界でのどんな話が聴けるのか楽しみです。

~タイムスケジュール~
12:00  レクザム大ホール開場(全席自由席)
13:00  オープニングタイム ハーモニカの演奏『さぬき口琴隊』ノンストップで21分間の演奏 お早目にお着席されますことを、ご協力をお願いします
13:30  荻原健司先生による講演会
15:00  終了予定
梅雨明け宣言がされる時期です。暑さに気をつけてお越しください。

2019年6月講座を終えて

今年も早、折り返しです。令和時代になり、ひと月があっという間に駆け抜けました。曇り空に湿気が強い日となりました、6月2日日曜日に、6月講座が開催され、無事に終了しました。講師は、映画翻訳家 戸田奈津子先生。

ステージに立ち、大勢の観衆を見上げた先生は、びっくりされていました。映画の話と先生が歩んできた道のりはとても興味深いもの。語学の勉強の仕方や、訳し方の難しさも語られました。そして何より、質疑応答で飛び出した、世界各国の俳優とのエピソードは、とても楽しく、笑いにも包まれました。


身振り手振りを使って、元気に講演してくださいました。とてもとても素敵なお人柄に、素敵な女性。有名な俳優さんと親交があり、信頼を受けるのも納得です。また、おいでください。

そして、オープニングタイムでは、心地よいクラッシックコンサートが柔らかな空気を作ってくれました。

「アンサンブルピアジェール」。フルート、サックス、ピアノによるトリオは、藤田哲志氏、藤田亜子氏、大山まゆみ氏。7曲演奏をされ、最後は「ふるさと」。この楽器三つが重なり合った「ふるさと」は琴線に響きましたね。

2019年6月講座

皆さん、こんにちは!暑い週末でした。体調崩すことなくお過ごしでしょうか?元気な太陽の下、草木が新芽を付けています。良い季節の到来です。
さて、6月2日(日曜日)6月講座の開催です。講師は、映画字幕翻訳家 
戸田奈津子先生
がお越しになります。
東京都出身。津田塾大学英文科卒業。好きな映画と英語を生かせる職業、字幕づくりを志すが、門は狭く、短期間のOL生活、フリーの翻訳種々をしながら、チャンスを待つ。その後、故清水俊二氏に字幕づくりの手ほどきを受け、1970年に字幕を担当。「地獄の黙示録」にて本格的なプロとなります。来日する映画俳優の通訳も依頼され、トム・クルーズ氏とは親友の仲。長年の友人も多い。
特殊な世界は知られていないことが多く、とても興味があります。どんなお話が飛び出すのか大変楽しみです。

~タイムスケジュール~
12:00  レクザム大ホール開場(全席自由席)
13:00  オープニングタイム フルート&サックス&ピアノアンサンブル『ピアジェール』大山まゆみ先生
13:30  戸田 奈津子先生による講演会
15:00  終了予定 (質疑応答を予定しております)

太陽が照り気温が上がる日かもしれません。熱中症対策に心がけてご来場ください。皆さまのお越しをお待ちしております。

2019年5月講座を終えて

5月11日(土)初夏を思わせる気候の中、5月講座が開催されました。令和元年、最初の講師に相応しい、中西 進先生。万葉集が専科であるため、万葉集を多数読まれました。受講生の皆さまにとって、どの歌が心に残ったのでしょうか。

120冊、先生の本を販売し、完売いたしました。そして、120冊分のサイン会では、お名前を達筆な字で、記されました。中には、「令和」を書いてください、と特別な依頼もあり、また、聞き逃した部分を再度質問される、熱心な受講生の方もいらっしゃいました。

オープニングタイムは、マンドリンアンサンブル『プリモマンドリン』22名の皆さん。指揮は宮武省吾氏。心地よいマンドリンの音色が会場内に響きました。最後の曲♪浜辺の歌♬は、いつ聴いても、瀬戸内海の浜辺を思い浮かべる琴線に触れる名曲となっています。



舞台のお花は、屋島にある「モン・リジェール」さん装飾。初夏はもうすぐ!というあしらいでした。

令和元年初の講演会は無事に終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

2019年5月講座

5月1日の今日、令和時代の幕開けです!令和とは「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味合いが込められています。新しき良き時代の到来でありますように。
5月講座は、5月11日(土)に開催。令和元年最初の講師は、まさに相応しい、日本文学者 中西 進先生です。「令和」の考案者ではと、新聞、テレビニュースでも取り上げられ、今、話題の先生です。

東京大学大学院修了。大阪女子大学学長、京都市立芸術大学学長を歴任。1963年には、『万葉集の比較文学的研究』にて第15回読売文学賞を受賞。長年に渡り、万葉集を専門にされています。日本の中でも稀にみる万葉集研究の第一人者であります。
万葉集について、また新年号についての、どんなお話が聴けるのか楽しみです。2013年文化勲章受章。そして、ご両親が香川県出身ということもあり、香川県に縁深い一面もお持ちです。

~タイムスケジュール~
12:00  レクザム大ホール開場(全席自由席)
13:00  オープニングタイム プリモマンドリンアンサンブル
13:30  中西 進先生による講演会
15:00  終了予定 本の販売サイン会があります

令和最初の講演会、記念すべき日にしてください。皆さまのご参加を心より、お待ちしております。

4月オープニングタイム

4月6日土曜日、4月講座のオープニングタイムの出演者のご紹介です。瀬戸大橋を渡り、岡山県から来ていただきました。
『Panみちゅ』。電子ピアノとパンフルート、唄というお二人組。岡山県下を中心に活動中、音楽一筋です。「Time to say good-bye」「春の海」「北国の春」「ボレロ」など、聞き覚えのある曲を大変ユニークなスタイルで披露してくださいました。とても盛況でした。演奏もうまく、MCもうまく、もう少し聞きたい!と思えるミニ音楽会。どこかでこのお名前を聞くことがあれば、どうぞ演奏に聞き入ってみてください。

2019年4月講座を終えて

今朝からの雨降りにて、花冷えの桜吹雪の日となっています。
4月6日土曜日、四月講座が開催され、無事に終了いたしました。講師は、料理研究家 土井善晴先生でした。良き天気の一日となりました。
冒頭には、香川県で過ごした幼少期の思い出などをお話されました。うどんに瀬戸内海の新鮮な魚、天ぷらなど美味しいものが多く、お茶が盛んで、文化のある街に、いつも想いを馳せています、とのことでした。そして、お正月には、手作りの餡餅入り雑煮のお話もされました。
心を育てるのは、食事から。そして、幸せへと繋がる。昔は、家であん餅をお正月の為に作っていた。それを、冷凍してしまえば、その美味しいお餅は死んでしまう。自分で作り、新鮮なうちに料理をして食べる。レシピー通りにするのは、少し違う。自分の心を動かすことが料理であり、想像力。これは、勉強では身に付かない。自分の感情を大切にするとの講演に料理愛を感じました。

NHKの21時からの「今日の料理」でもよくご出演されています。私は、この番組を一日の終わりに観るのを楽しみにしています。気持ちがほっこりします。私たちの、肌、顔、心は、日ごろの食べるもの、料理で出来上がっているんだと、改めて感じました≪感謝≫。

2019年4月講座

こんにちは。今日から4月。今日は新年号の発表日です。昭和は古き良き時代になってしまい、平成は、走馬灯のごとく走り去り、新年号は、どんな時代になるのか、楽しみでもあります。昨日、観た桜です。青空の下、白さが際立っていました。

3月講座が終わったばかりですが、早々と4月講座が開催されます。4月6日土曜日。講師は、料理研究家 土井善晴先生です。

テレビ朝日「おかずのクッキング」では、30年間講師を務められています。NHK「きょうの料理」でもお馴染みの顔です。一汁一菜でよいというスタイルを推進し、和食を初期化。著書も出版されています。お父様は、香川県出身であります、土井 勝氏です。健康ブームの昨今。生きていくうえで、食べるという行為は重要です。食に関する講演は、期待が満載です。

~タイムスケジュール~
12:00  レクザム大ホール開場(全席自由席)
13:00  オープニングタイム パンフルートとピアノ「panみちゅ」出演
13:30  土井善晴先生による講演会
15:00  終了予定

まだ寒さ残る初春ですが、皆さまのご参加を心より、お待ちしております。

第12期3月開講!!

3月24日日曜日、晴天の中、第12期が開講致しました。多くの方がご来場され、会場三階席まで、埋め尽くされました。
三月講座の講師は、ラトナサリデビィスカルノ先生でした。

テレビでも、おなじみです。最近では、小学生も知っている、バラエティー番組にも出演されています。
ご自身の半生を語られ、約40年間の海外生活を経験されているそうです。人の三倍働き、努力をし、勉強をしてきたというその原動力になったものは、「戦争と貧しさ」だったと語られました。
本当に、お若く背筋が伸び、前向きであるその秘訣についてもお話されました。
今日、ご来場された、特に女性にとって、よりよく、美しく生きるヒントになったのではないでしょうか。
毎日を生活するのではなく、毎日を楽しんでください、と締めくくられました。とても、とても華やいだ講演会となりました。

オープニングタイムは、『讃岐国分寺太鼓保存会』の11名の皆さま。篠笛、サヌカイトの音色も加わり、今期の講演会の幕開けを飾ってくださいました。最後には、デビィスカルノ夫人と記念撮影も。